着物の簡単着付け法

着物の着付けはむずかしそうですが、インナーアイテムや道具の進化で浴衣のように簡単に着ることも。その方法を紹介しましょう。

サイトトップ > 着物を着るのに必要な道具をそろえましょう

スポンサードリンク

着物の簡単着付け法

着物を着るのに必要な道具をそろえましょう


着物をきれいに着付けするには、つぎのように必要な道具があります。

1:和装ブラジャー=胸を小さく平らにするためのブラで、帯の上に乗ってしまいがりな胸をすっきり美しく見せてくれます。

2:足袋=はきやすいキャラコ地が主流です。

3:肌着=いちばん下に着る下着で、スリップ(初心者〜上級者)と肌着・裾よけ(セパレートタイプで中級者以上向け)があります。
*スリップはワンピースタイプの下着で簡単に着られ、肌が直接、襦袢や着物にふれるのを防ぎます。肌着・裾よけは上級者好み。

4:補正の道具=着くずれ防止やきれいな着付けのためには身体のデコボコを平らにする必要があり、パッドやタオルを使用します。

5:半衿(はんえり)=長襦袢の衿に縫いつけてつかい、衿もとのおしゃれだけではなく汚れを防ぐ役割をします。

6:衿芯=半衿の中に入れて、美しいカーブの衣紋をつくる芯です。

7:襦袢=肌着と着物の間に着ます。着物の汚れを防ぎますが、着付けのなかでもっとも重要な役割を果たし、何度も襦袢の着方を練習するのが着付け上達への近道です。長襦袢(ワンピースタイプ)と二部式襦袢がありますが、長襦袢のほうが比較的簡単に着られるため初心者にはおすすめ。


着物の簡単着付け法

MENU



スポンサードリンク