着物の簡単着付け法

着物の着付けはむずかしそうですが、インナーアイテムや道具の進化で浴衣のように簡単に着ることも。その方法を紹介しましょう。

サイトトップ > 着物の簡単着付け法 トピック

スポンサードリンク

着物の簡単着付け法

着物の簡単着付け法 トピック

着付けの前に、知っておきたい着物の知識

■場所、道具、所作…着物に関する専門用語は山ほどあります。でも慣れてしまえば安心。ここでは知っておくべき部位の呼び名から説明していきましょう。

着付けの前に、知っておきたい着物の知識

着物を着るのに必要な道具をそろえましょう

■1:和装ブラジャー=胸を小さく平らにするためのブラで、帯の上に乗ってしまいがりな胸をすっきり美しく見せてくれます。

着物を着るのに必要な道具をそろえましょう

道具がそろったら、浴衣感覚の着付けにトライ

■8:伊達締め=長襦袢を止める帯の役割をします。いちばん愛用されているのは正絹(しょうけん)の伊達締めですが、初心者には自分で結ぶ必要のないマジックベルト・らくら

道具がそろったら、浴衣感覚の着付けにトライ

とても重要なのは、なんといっても長襦袢までです

■2:和装ブラジャーと、肌着、足袋を用意して、最初に足袋をはき(あとからはくと着付けがグシャグシャになるので必ず最初に)、和装ブラと肌着をつけます。

とても重要なのは、なんといっても長襦袢までです

長襦袢が着られたら、完成形に近づくのがわかります

■7:衿合わせがずれないように手でしっかりと押さえながら、もう一方の手で長襦袢によったシワをしっかりと伸ばしましょう。
*シワはたるみやゆるみの原因にもなります。

長襦袢が着られたら、完成形に近づくのがわかります

メニュー



スポンサードリンク